名刺の渡し方

Pocket

就活名刺を作ったからには名刺の取扱いマナーも知っておいてください。せっかく名刺を渡しても渡し方や受け取り方がなってないともしかしたらマイナス印象かも知れません。学生相手なら笑って許してくれると思いますが、まるで社会人のように名刺を取り扱えているのであればものすごく好印象です。

名刺入れまず、名刺はポケットや財布から取り出してはいけません。名刺入れから取り出してください。なんだ名刺入れも買わなくてはいけないのかと思われた方々、そうなんです、名刺と名刺入れはセットなんです。100円ショップのプラスティックのものはやめておきましょう。社会人であれば必ず革製の名刺入れを使用します。相手方は名刺入れも見ています。社会人になれば必ず買うのですからこれを機会に好きなブランドの名刺入れを買ってもいいですし、合皮製なら1000円前後のもの売っています。お財布事情と相談して必ず上質の名刺入れを購入してください。

名刺に汚れや折れがないか確認します。必ず立って渡してください。また、テーブル越しに渡してはいけません。名刺入れを両手の下の三本の指で保持し、その上で名刺を親指と人差し指で持ちます。自分から見て名刺が逆さになる向きにして両手で相手方に渡します。慣れれば簡単です。笑顔で○○大学の○○ですと言って渡してください。ここまでできれば名刺の渡し方は十分でしょう。好印象を残せたはずです。

 

スマートな名刺と、交換マナーで第一印象を良くしよう!

名刺(カード)は初対面の人と交換するもので、この時の印象は、重要です。この印象は、カードそのものと、交換する時の対応によって受けるものです。サイズは、色々ありますが、日本のビジネス界では、91*55mmがほとんどです。女性を中心に、欧米サイズといわれる89*51mmも使われていましたが、最近は減少しています。また、台紙の紙の種類も多数あり、さらに厚みも0.1~0.5mm/枚と様々です。最近は、長辺を横にして、横書きでデザインされているものが多くなりました。企業、団体名を1行目にし、役職を付記した氏名を2行目に、3行目以下に住所、電話番号、メールアドレスなどが入っているのが一般的です。

個人企業などで、自分でデザインを考える場合には、企業や団体のロゴマークをどこにどういれるかなど、センスの要求されるところです。製作してくれる業者さんも、多数あり、納期も数時間で可能な所もあります。自分で、デザインから考え、発注する機会のある方は、こうした内容にアドバイスをもらえる業者さんとお付き合いすれば良いでしょう。また、最近では、パソコン印刷で少数枚作成される人のために、最適な用紙も市販されています。

さて、もう一つ印象を大きく左右する名刺交換のマナーですが、①交換の直前に、相手の人数分を取り出し、ケースのカバーの下などに揃えて置き、取り出しにもたつかない様にする。②順番は、訪問者側が先に渡す。上司がいる場合は、上司から交換する③両手で渡し、両手で受け取る④もらったものは、面談の間、テーブルの上に並べて置き、すぐにしまわない。などが、マナーの基本ですが、切らす事などは論外です。スマートなカードと、さわやかな交換マナーで、第一印象を良くしたいものです。

 

名刺はたくさん配っていくもの

名刺というものはたくさん配ってこそとても大きな価値のあるものです。たくさん配っていくということはとても大切なことであり、これからの世の中においてもこうしたことはとても重要なことです。名刺というものはとても様々なチャンスを与えてくれていくものであり、こうしたものは出来る限り多くの人に配っていくということがとても大切なことです。

名刺というものは、これからの世の中においてもとても大きな価値があるものです。名刺というものはとても素晴らしいものであり、これからの世の中においてもこうした名刺というものはとても大きな効力をもたらしてくれるものです。

名刺というものを使っていくということにより、様々な人達に顔を覚えてもらうということが出来ますし、こうした名刺を配っていくということに気を使っていくということはとても大切なことです。名刺というものはこれからの世の中においてもとても大きな価値のあるものであり、大事なものです。