月別アーカイブ: 2017年3月

名刺を受け取る

就活生名刺の受け取り方にもマナーがあります。名刺は基本的に下の立場の者から渡すので、就活名刺は当然就活生から渡します。同時交換の時以外は絶対片手で名刺を受け取ってはいけません。この時気を付けなくてはいけないのは、名刺の名前や会社名を指で押さえてはいけないということです。受け取るときに「頂戴いたします。」と一言添えます。その場限りの挨拶であれば、受け取った名刺は名刺入れの中にしまいます。そのあと着席して面談するのであればテーブルの左側に相手型の席順に従ってならべておきます。名刺に何か書いたりするのはもちろんいけません。

ここまで読んで何か面倒くさいなって思われた方や作らないほうがいいやと感じた方もいるかもしれません。しかし、就職活動という人生の一局面よりもっと広いところを見てください。名刺交換は人と人とのコミュニケーションの一環なのです。名刺交換を実践することによりあなたのコミュニケーション能力は確実に上がります。社会人としての雰囲気が出てきます。あなたも先輩が社会に出たとたん雰囲気や立ち振る舞いが変わったのを見たことがあると思います。名刺交換をこなしていくうちにあなたにもそういった雰囲気が身についていくのです。就職活動は全人格的な勝負だと思います。そういう勝負の中で他の学生よりも人間的に一歩先んじることができるのです。

 

名刺の受け渡しの練習でスマートなビジネスマンに

ビジネスの場面では、名刺の受け渡しはとても重要です。簡単な自己紹介とともにスマートに名刺を渡し、受け取ることは、自分の第一印象を相手に刻み、その後のビジネスの展開にも大きな影響を与えることもあるでしょう。

ビジネスでは、学生時代と違い、自分と同じような年の相手だけでなく、幅広い年齢層を相手にするわけなので、どんな相手にも好印象を持ってもらえるように、スマートな名刺の受け渡しができるよう練習をすることが大切です。

まず、重要なことは、名刺の受け渡しは必ず立って行うということです。相手が自分より年下であっても、商品を買っている会社の人であっても、座って名刺を渡すということは決してないようにしましょう。名刺は両手で差し出し、会社名、自分の名前によろしくお願いします、と言う言葉とともに渡します。相手の名刺を受け取る時は、ありがとうございますや頂戴致します、と言う言葉を忘れずに付け加えます。面談などが終わったあとに、名刺の裏に相手の印象や話の中で大切だと思ったことを書いておくと後で役に立つことがあります。

 

 

学生に名刺は必要か。

就職活動をしている大学の後輩人に、「OB・OG訪問する際に名刺を渡した方が良いですか」と聞かれることが多い。就活のマニュアル本でも、名刺を持っていた方がアピールできる、と書いてある本が幾つかあるが、私は後輩に対して「渡さない方が良い」とアドバイスしている。私がそう考えている理由は2点ある。

1つは、そもそも学生に名刺は必要ないと考えているからだ。アルバイトや契約社員として働いている学生もいるが、基本的に学生の身分は学生で、自分に関して仕事の情報は持っていない。そんな学生が名刺を持っていてどうするのだ、と考えてしまう。但し、学生居酒屋を経営していたり、起業しているとすれば、名刺は役に立つだろう。特にベンチャー企業で働いている社会人は興味を持ってくれるかもしれない。

2つ目の理由は、渡された相手に迷惑がかかりやすいからだ。OBやOGと仕事上取引するわけでは無いのだから、相手方にとっては学生名刺を渡されても困ってしまう。名刺入れがかさ張って悩んでいる人もいるくらいだから。自分を印象付けたいとか、OB・OGと今後も連絡を取りたいのなら、名刺を頂き、それに記載されているアドレスに連絡することが大切だ。特に訪問したその日のうちにお礼のメールを送ること。これは何より大切で、メールを送るだけで礼儀正しさを印象付けることが出来るのだ。学生には、名刺を作る前にこのことをよく考えてほしいと思う。

名刺の渡し方

就活名刺を作ったからには名刺の取扱いマナーも知っておいてください。せっかく名刺を渡しても渡し方や受け取り方がなってないともしかしたらマイナス印象かも知れません。学生相手なら笑って許してくれると思いますが、まるで社会人のように名刺を取り扱えているのであればものすごく好印象です。

名刺入れまず、名刺はポケットや財布から取り出してはいけません。名刺入れから取り出してください。なんだ名刺入れも買わなくてはいけないのかと思われた方々、そうなんです、名刺と名刺入れはセットなんです。100円ショップのプラスティックのものはやめておきましょう。社会人であれば必ず革製の名刺入れを使用します。相手方は名刺入れも見ています。社会人になれば必ず買うのですからこれを機会に好きなブランドの名刺入れを買ってもいいですし、合皮製なら1000円前後のもの売っています。お財布事情と相談して必ず上質の名刺入れを購入してください。

名刺に汚れや折れがないか確認します。必ず立って渡してください。また、テーブル越しに渡してはいけません。名刺入れを両手の下の三本の指で保持し、その上で名刺を親指と人差し指で持ちます。自分から見て名刺が逆さになる向きにして両手で相手方に渡します。慣れれば簡単です。笑顔で○○大学の○○ですと言って渡してください。ここまでできれば名刺の渡し方は十分でしょう。好印象を残せたはずです。

 

スマートな名刺と、交換マナーで第一印象を良くしよう!

名刺(カード)は初対面の人と交換するもので、この時の印象は、重要です。この印象は、カードそのものと、交換する時の対応によって受けるものです。サイズは、色々ありますが、日本のビジネス界では、91*55mmがほとんどです。女性を中心に、欧米サイズといわれる89*51mmも使われていましたが、最近は減少しています。また、台紙の紙の種類も多数あり、さらに厚みも0.1~0.5mm/枚と様々です。最近は、長辺を横にして、横書きでデザインされているものが多くなりました。企業、団体名を1行目にし、役職を付記した氏名を2行目に、3行目以下に住所、電話番号、メールアドレスなどが入っているのが一般的です。

個人企業などで、自分でデザインを考える場合には、企業や団体のロゴマークをどこにどういれるかなど、センスの要求されるところです。製作してくれる業者さんも、多数あり、納期も数時間で可能な所もあります。自分で、デザインから考え、発注する機会のある方は、こうした内容にアドバイスをもらえる業者さんとお付き合いすれば良いでしょう。また、最近では、パソコン印刷で少数枚作成される人のために、最適な用紙も市販されています。

さて、もう一つ印象を大きく左右する名刺交換のマナーですが、①交換の直前に、相手の人数分を取り出し、ケースのカバーの下などに揃えて置き、取り出しにもたつかない様にする。②順番は、訪問者側が先に渡す。上司がいる場合は、上司から交換する③両手で渡し、両手で受け取る④もらったものは、面談の間、テーブルの上に並べて置き、すぐにしまわない。などが、マナーの基本ですが、切らす事などは論外です。スマートなカードと、さわやかな交換マナーで、第一印象を良くしたいものです。

 

名刺はたくさん配っていくもの

名刺というものはたくさん配ってこそとても大きな価値のあるものです。たくさん配っていくということはとても大切なことであり、これからの世の中においてもこうしたことはとても重要なことです。名刺というものはとても様々なチャンスを与えてくれていくものであり、こうしたものは出来る限り多くの人に配っていくということがとても大切なことです。

名刺というものは、これからの世の中においてもとても大きな価値があるものです。名刺というものはとても素晴らしいものであり、これからの世の中においてもこうした名刺というものはとても大きな効力をもたらしてくれるものです。

名刺というものを使っていくということにより、様々な人達に顔を覚えてもらうということが出来ますし、こうした名刺を配っていくということに気を使っていくということはとても大切なことです。名刺というものはこれからの世の中においてもとても大きな価値のあるものであり、大事なものです。

どんな名刺を作る?

就活名刺を作ると決めたからにはどんな名刺を作るかが問題となります。まず、自宅のパソコンとプリンタで作るのは絶対にNGです。自分で作るくらいなら作らないほうがましです。それほど、自作の名刺は印象が悪いです。社会人の中でもときどき明らかに自宅のパソコンで刷ったと思われるインクの滲んだ名刺を渡す人がいますが、心象は最悪です。学生なら許されるかも知れませんが、社会人であれば常識がないと思われる行為を就活時にしてはいけません。高性能のプリンタで刷っても自宅で作った名刺はすぐにバレます。就活用の名刺を作ってもらえる業者に頼みましょう。

名刺業者に頼むことは決めました。大体いくらくらいでしょうか。まず、名刺は100枚単位でしか頼めないところが多いです。最初は100枚にしておきましょう。後で修正したくなるかもしれないからです。相場は片面モノクロで1000円前後といったところでしょうか。カラーだともうちょっと値段が上がります。

デザインは好みによりますが、あまり派手ではなく使う色も黒以外に1色か2色程度に抑えておきましょう。記載事項は、氏名・住所・電話番号・メールアドレス、大学名・学部名・学科名研究室名などです。就活名刺であればアピールポイントを書いておいてもいいかもしれません。また、顔写真を入れるのもありです。ただ、値段は少し上がります。せっかくの機会なので名刺作りを楽しんでみてください。

参照HP「デザイン名刺.net」

 

名刺で自分をアピールしましょう

皆さんは名刺を持っていますか。もし持っているのなら一度見てみてください。相手を驚かせるデザインになっていますか。名刺というのは、自分を知らせるものであり、自分をアピールするものでもあります。そのようなことを考えて名刺を作っていますか。たかが紙一枚ですが、その紙一枚がとても重要なのです。私も最近になって考え始めました。字の配置や配色、大きさなどで印象は大きく変わってしまうのです。それほど重要なのです。

しかし、忙しいとそんなデザインを考えている暇はありません。もちろん、名刺をつくらないわけにはいきませんが、細かいところを気にしている余裕はなくなると思います。しかし、ほんの十分でも名刺作成に時間をかけてみてください。初めて会う人に、印象を強くもってもらうために、名刺を印象深いものにするのです。このように、たかが名刺と思いがちですか、重要な役割を果たしているのです。みなさんも、自分の名刺を見直してみてください。

 

憶に残りやすい名刺のポイント

名刺はご自身を相手に覚えてもらうためにとても重要な道具です。覚えやすい名刺を作成するにはどのようなポイントに気をつけて名刺を作成すれば良いのでしょうか。

まず、一般的に言われる点は、顔写真を入れるということです。顔写真入りの名刺は一昔前は、政治家などが作っていましたが今では顔を覚えてもらうために非常に有効であるとして多くの方がされています。特に自営業の方では顔写真入りの名刺は多くなってきています。会社の営業活動などの場合は難しい場合もあるかもしれませんが、顔写真入りは有効な手段の1つです。

次に、ブログやツイッターなどの個人的なSNSの情報を加えるという方法も有効です。あなたに興味を持った相手はブログなどを見ることでしょう。このように名刺は顔写真入りなど工夫をして相手の記憶に残るものを作成していきましょう。