Monthly Archives: 3月 2017

就活名刺作るべき?

就活名刺を作るべきか、作らざるべきか、それが問題だ、というのが就活生の気持ちでしょう。就活名刺を作らざるべきというのは絶対にありません。就活名刺を渡したから、会社に落ちたなんて話聞いたことありますか。就活名刺を貰ったから嫌な印象を持つことなんて絶対にないでしょう。では、就活名刺は必ず作るべきでしょうか。これも正しくないといえます。現に就活名刺を作ってない学生も第一志望の会社や一流企業に合格しています。ただ、就活名刺を作って会社の担当者に渡した学生も続々と希望の会社に合格しているのです。

就活名刺の利点は手渡しによって相手方に印象を残すことだけにとどまりません。名刺を採用担当者の方に渡すと、高確率で相手も名刺をくれます。すると採用担当者のメールアドレス・電話番号などの情報が手に入ります。これで何ができるかというと採用担当者の方に直接お礼のメールができるのです。就職活動は他の学生との競争です。履歴書、エントリーシート、面接だけが勝負ではありません。本来の勝負とは異なったところで一歩先んじることができるのです。これも就活名刺の利点です。ただ、電話番号を手に入れたからと言って電話は絶対にしてはダメです。これはマイナス印象にしかなりません。社会人は忙しいのです。

最初の質問の答えは作ったほうがいいということになるでしょう。マストではなくベターなのです。就職活動は人生で重要なイベントです。できる限りのことはしたほうがいいです。もしかしたら、この先、あのとき会社の担当者の方に名刺を渡して印象付けておけばよかったなんて後悔するかもしれません。そうならないためにぜひ作って下さい。