月別アーカイブ: 2017年3月

就活名刺作るべき?

就活名刺を作るべきか、作らざるべきか、それが問題だ、というのが就活生の気持ちでしょう。就活名刺を作らざるべきというのは絶対にありません。就活名刺を渡したから、会社に落ちたなんて話聞いたことありますか。就活名刺を貰ったから嫌な印象を持つことなんて絶対にないでしょう。では、就活名刺は必ず作るべきでしょうか。これも正しくないといえます。現に就活名刺を作ってない学生も第一志望の会社や一流企業に合格しています。ただ、就活名刺を作って会社の担当者に渡した学生も続々と希望の会社に合格しているのです。

名刺交換就活名刺の利点は手渡しによって相手方に印象を残すことだけにとどまりません。名刺を採用担当者の方に渡すと、高確率で相手も名刺をくれます。すると採用担当者のメールアドレス・電話番号などの情報が手に入ります。これで何ができるかというと採用担当者の方に直接お礼のメールができるのです。就職活動は他の学生との競争です。履歴書、エントリーシート、面接だけが勝負ではありません。本来の勝負とは異なったところで一歩先んじることができるのです。これも就活名刺の利点です。ただ、電話番号を手に入れたからと言って電話は絶対にしてはダメです。これはマイナス印象にしかなりません。社会人は忙しいのです。

最初の質問の答えは作ったほうがいいということになるでしょう。マストではなくベターなのです。就職活動は人生で重要なイベントです。できる限りのことはしたほうがいいです。もしかしたら、この先、あのとき会社の担当者の方に名刺を渡して印象付けておけばよかったなんて後悔するかもしれません。そうならないためにぜひ作って下さい。

 

名刺の上手な使い方あれこれ。

名刺といえば、小さな紙片に名前や所属先などが書かれているカードのことですが、この名刺、自分の紹介をするためだけでなく、様々な用途に使用するビジネスマンが数多く存在しています。

例えば、初対面の人からもらった名刺は、名前を覚えるまでは机の上に置いておく事で築一情報をチェックすることができます。

また、もらった名刺をバインダー等に年月日ごとに整理しておくことで、誰といつあったか、また軽いメモを残しておけばその人ごとの日誌のように使用することも可能です。

このように、名刺はただの自分を紹介するカードではなく、使い方次第でビジネスシーンで様々な役割を果たす万能のツールに化けるのです。

また、それだけでなく、自分が渡す名刺にも様々な工夫を凝らすことで、より自分の印象を強く相手に残すことができます。

色やデザインを工夫したり、逆にとんでもなくシンプルな名前だけのものにするなど、人それぞれの創意工夫の見せ所であるといえるでしょう。

 

名刺を就職活動に活用する

名刺は社会人が持つものですが、学生でも就職活動のときに名刺を活用することはお奨めです。ます名刺を渡す事のメリットは自分の印象を面接官に与えられるということにあります。

面接はそれほど長いものではありませんのでなかなか顔を覚えてもらいにくいのですが、自分で作成した名刺に名前と写真などを入れておくとによってよりインパクトを与えられるのです。またメールアドレスなども入れておくことができます。通常履歴書などにはメールアドレスは入れませんのでこのときにメールアドレスを告知することができます。

また裏の何も書かれていないスペースを使って自己アピールをしてみるのもいいかも知れません。名刺を作ってアピールをすることにより、自分が仕事に対して非常にやる気があるということを示すこともできるのです。また名刺の出来をよくすることによってセンスの良さをアピールすることができます。

これはデザイン系の会社などではお奨めです。自分でデザインしたもので勝負をしてみてください。名刺という小さな紙でもしかすると自分の将来がさゆうされるかも知れません。くれぐれもよく名刺を確かめてメールアドレスなどのミスなどがないようにしてください。