名刺を受け取る

名刺の受け取り方にもマナーがあります。名刺は基本的に下の立場の者から渡すので、就活名刺は当然就活生から渡します。同時交換の時以外は絶対片手で名刺を受け取ってはいけません。この時気を付けなくてはいけないのは、名刺の名前や会社名を指で押さえてはいけないということです。受け取るときに「頂戴いたします。」と一言添えます。その場限りの挨拶であれば、受け取った名刺は名刺入れの中にしまいます。そのあと着席して面談するのであればテーブルの左側に相手型の席順に従ってならべておきます。名刺に何か書いたりするのはもちろんいけません。

ここまで読んで何か面倒くさいなって思われた方や作らないほうがいいやと感じた方もいるかもしれません。しかし、就職活動という人生の一局面よりもっと広いところを見てください。名刺交換は人と人とのコミュニケーションの一環なのです。名刺交換を実践することによりあなたのコミュニケーション能力は確実に上がります。社会人としての雰囲気が出てきます。あなたも先輩が社会に出たとたん雰囲気や立ち振る舞いが変わったのを見たことがあると思います。名刺交換をこなしていくうちにあなたにもそういった雰囲気が身についていくのです。就職活動は全人格的な勝負だと思います。そういう勝負の中で他の学生よりも人間的に一歩先んじることができるのです。