名刺を受け取る

Pocket

就活生名刺の受け取り方にもマナーがあります。名刺は基本的に下の立場の者から渡すので、就活名刺は当然就活生から渡します。同時交換の時以外は絶対片手で名刺を受け取ってはいけません。この時気を付けなくてはいけないのは、名刺の名前や会社名を指で押さえてはいけないということです。受け取るときに「頂戴いたします。」と一言添えます。その場限りの挨拶であれば、受け取った名刺は名刺入れの中にしまいます。そのあと着席して面談するのであればテーブルの左側に相手型の席順に従ってならべておきます。名刺に何か書いたりするのはもちろんいけません。

ここまで読んで何か面倒くさいなって思われた方や作らないほうがいいやと感じた方もいるかもしれません。しかし、就職活動という人生の一局面よりもっと広いところを見てください。名刺交換は人と人とのコミュニケーションの一環なのです。名刺交換を実践することによりあなたのコミュニケーション能力は確実に上がります。社会人としての雰囲気が出てきます。あなたも先輩が社会に出たとたん雰囲気や立ち振る舞いが変わったのを見たことがあると思います。名刺交換をこなしていくうちにあなたにもそういった雰囲気が身についていくのです。就職活動は全人格的な勝負だと思います。そういう勝負の中で他の学生よりも人間的に一歩先んじることができるのです。

 

名刺の受け渡しの練習でスマートなビジネスマンに

ビジネスの場面では、名刺の受け渡しはとても重要です。簡単な自己紹介とともにスマートに名刺を渡し、受け取ることは、自分の第一印象を相手に刻み、その後のビジネスの展開にも大きな影響を与えることもあるでしょう。

ビジネスでは、学生時代と違い、自分と同じような年の相手だけでなく、幅広い年齢層を相手にするわけなので、どんな相手にも好印象を持ってもらえるように、スマートな名刺の受け渡しができるよう練習をすることが大切です。

まず、重要なことは、名刺の受け渡しは必ず立って行うということです。相手が自分より年下であっても、商品を買っている会社の人であっても、座って名刺を渡すということは決してないようにしましょう。名刺は両手で差し出し、会社名、自分の名前によろしくお願いします、と言う言葉とともに渡します。相手の名刺を受け取る時は、ありがとうございますや頂戴致します、と言う言葉を忘れずに付け加えます。面談などが終わったあとに、名刺の裏に相手の印象や話の中で大切だと思ったことを書いておくと後で役に立つことがあります。

 

 

学生に名刺は必要か。

就職活動をしている大学の後輩人に、「OB・OG訪問する際に名刺を渡した方が良いですか」と聞かれることが多い。就活のマニュアル本でも、名刺を持っていた方がアピールできる、と書いてある本が幾つかあるが、私は後輩に対して「渡さない方が良い」とアドバイスしている。私がそう考えている理由は2点ある。

1つは、そもそも学生に名刺は必要ないと考えているからだ。アルバイトや契約社員として働いている学生もいるが、基本的に学生の身分は学生で、自分に関して仕事の情報は持っていない。そんな学生が名刺を持っていてどうするのだ、と考えてしまう。但し、学生居酒屋を経営していたり、起業しているとすれば、名刺は役に立つだろう。特にベンチャー企業で働いている社会人は興味を持ってくれるかもしれない。

2つ目の理由は、渡された相手に迷惑がかかりやすいからだ。OBやOGと仕事上取引するわけでは無いのだから、相手方にとっては学生名刺を渡されても困ってしまう。名刺入れがかさ張って悩んでいる人もいるくらいだから。自分を印象付けたいとか、OB・OGと今後も連絡を取りたいのなら、名刺を頂き、それに記載されているアドレスに連絡することが大切だ。特に訪問したその日のうちにお礼のメールを送ること。これは何より大切で、メールを送るだけで礼儀正しさを印象付けることが出来るのだ。学生には、名刺を作る前にこのことをよく考えてほしいと思う。